弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立郷土文学館
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立郷土文学館

ここから本文です。

弘前市立郷土文学館

弘前市立郷土文学館

企画展

                                                         

                                                  

 

 katoukenniti

 

 ・第42回企画展「名編集長・加藤謙一-『少年倶楽部』から『漫画少年』へ-」

  2018年1月12日(金)~2018年12月28日(金)

 

 加藤謙一は明治29(1896)年に弘前市に生まれました。大日本雄弁会講談社に入社後は、『少年倶楽部』の若き編集長として奮闘し、佐藤紅緑の「あゝ玉杯に花うけて」の連載を実現させます。

 戦後、『漫画少年』(学童社)を創刊。手塚治虫の「ジャングル大帝」を世に出し、藤子不二雄・石ノ森章太郎ら戦後を代表する多くの漫画家がそこから生まれ育ちました。

 本展は、「昭和の名編集長」とうたわれ、少年文化の大きな担い手であった加藤謙一の79年の生涯と業績を紹介するものです。

 

 〈協力:弘前大学附属図書館〉

 

詳しくは展示案内をご覧ください。

 

 

 

 

・スポット企画展「『鞍馬天狗』の大佛次郎と加藤謙一-初公開の書簡を中心に-」開催中

 2018年9月1日(土)~2018年11月30日(金)

 

 大佛次郎(1897~1973・横浜市)の〈鞍馬天狗〉は、首都・東京が焦土と化した関東大震災の翌年(大正13年)に初めて登場し、以後42年の長きにわたって47作品が書き継がれ、国民的なヒーローとなりました。

 『少年倶楽部』の最初の連載は、「少年の為の『鞍馬天狗』」の副題がついた「角兵衛獅子」(昭和2年3月~3年5月)で、鞍馬天狗を慕う角兵衛獅子の杉作少年が登場し、「山嶽党奇談」「青銅鬼」とシリーズは続きます。

 本展では、「角兵衛獅子」の連載が始まる昭和2年から45年まで、『少年倶楽部』編集長の加藤謙一が大佛次郎に宛てた6通の書簡を中心に展示し、「角兵衛獅子」にまつわる2人の交流や加藤が編集した『少年倶楽部』『漫画少年』の当時の状況などを紹介します。書簡はいずれも横浜市の大佛次郎記念館所蔵で、6通のうち4通は初公開です。

 

 〈協力〉大佛次郎記念館(横浜市)

 

過去のスポット企画展はこちら

 

お知らせ

 

・第42回企画展「名編集長・加藤謙一-『少年倶楽部』から『漫画少年』へ-」の図録を1冊500円で販売しております。ぜひこの機会にお買い求めください。

 

 

・郷土文学館オリジナルグッズ販売のお知らせ

 

 お待たせしました!お客様のご要望にお応えして、郷土文学館オリジナルグッズを作成しました。

 第1弾は一戸謙三の方言詩「弘前(シロサギ)」のクリアファイルです。

 一戸謙三は弘前市出身の詩人で、詩を方言(津軽弁)で書く方言詩の分野で活躍しました。「弘前(シロサギ)」が収められている『ねぷた』は、高木恭造の『まるめろ』とともに津軽方言詩の記念碑的詩集として評価されています。

 クリアファイルのデザインは、「弘前(シロサギ)」を版画家の工藤哲彦さんが作品にしたものです。ぜひお買い求めください。

 

 ☆一戸謙三「弘前(シロサギ)」クリアファイル(A4) 税込200円

 

 

 

・平成30年度「北の文脈文学講座」「ラウンジのひととき」

 

 「北の文脈文学講座」は、加藤謙一展に関連した内容を中心に、文学や展示資料への理解を深める催しとなっております。
 「ラウンジのひととき」は今年度からの新企画です。朗読やミニコンサートなど、気軽に参加できる内容となっております。ぜひご来館ください。
 

弘前文学碑マップ

 

郷土文学館では、弘前の文学者の文学碑の紹介や略図をまとめた『弘前の文学碑マップ』を作成しました。観光や散策のお供にご利用ください。

(現在在庫を切らしており、文学館での無料配布を一時中断しています。)

 

文学碑マップ

 

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

弘前市立郷土文学館

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る