弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 福祉・介護 > 住⺠税⾮課税世帯等に対する臨時特別給付⾦について
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 福祉・介護 > 住⺠税⾮課税世帯等に対する臨時特別給付⾦について

ここから本文です。

住⺠税⾮課税世帯等に対する臨時特別給付⾦について

【電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金について】

国は、令和4年9月9日開催の「物価・賃金・生活総合対策本部」において、電力・ガス・食料品等の価格高騰による負担増を踏まえ、特に家計への影響が大きい低所得世帯(住民税非課税世帯等)に対し、1世帯あたり5万円を支給する方針を決定しました。

詳細が決まり次第、支給に向けた準備を進めてまいります。

なお、対象となる可能性がある世帯に対しては通知を発送するとともにホームページや広報ひろさきでお知らせをする予定ですので、しばらくお待ちくださるようお願いいたします。

 

 

コロナ禍における「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」に基づき支給対象が一部変更となり、令和4年度住民税均等割非課税の世帯が追加となりました。

 

※令和3年度非課税世帯・令和4年度非課税世帯・家計急変世帯のいずれかに関わらず、この給付金の支給は1世帯につき1回限りとなります。令和3年度の住民税非課税世帯等臨時特別給付金(家計急変世帯を含む)の対象となった世帯は対象になりません。

 

 

・住民税非課税世帯

・家計急変世帯

  • 申請方法

・確認書が届いた方

・申請書が届いた方

・家計急変世帯

 

 

概要

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円を現金給付します。(口座振込、給付は1回限り)

 

 

cc1

【住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金チラシ】PDFファイル(1143KB)

よくあるお問い合わせはこちら(別ページにリンクします)

 

給付対象者

1 住民税非課税世帯  

令和4年度住民税非課税世帯

令和3年12月10日時点で日本国内の市区町村に住民登録があり、基準日(令和4年6月1日)時点で弘前市に住民登録があり、世帯全員の令和4年度分住民税均等割が非課税である世帯(生活保護世帯を含む)

 

対象外となる世帯 ※次のいずれかに該当する場合は対象となりません。

  • 令和3年度住民税非課税世帯として給付金を既に受給している世帯(受給世帯の世帯主を含む世帯)

※確認書が届いた世帯のうち、未申請および辞退の世帯も含みます。

  • 家計急変世帯として給付金を既に受給している世帯(受給世帯の世帯主を含む世帯)
  • 住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯

<例>親(課税)に扶養されている大学生(非課税)の単身世帯

 子(課税)に扶養されている両親の世帯(非課税)

  • 令和3年12月11日以降の出生者、入国者

令和3年度住民税非課税世帯(対象世帯への確認書の発送は終了しています)

基準日(令和3年12月10日)において世帯全員の令和3年度分住民税均等割が非課税である世帯(生活保護世帯を含む。)

※住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯を除く。

<例>親(課税)に扶養されている大学生(非課税)の単身世帯や、子(課税)に扶養されている両親の世帯(非課税)は支給対象外       

 

2 家計急変世帯 (令和4年6月1日から対象世帯の取り扱いが変更となりました)

令和4年1月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、世帯全員が1と同様の事情にあると認められる世帯

(住民税が課されている者全員の、それぞれの1年間の収入見込額が、住民税非課税相当の水準に下がった世帯)

※令和3年中の収入に基づく申請は終了しました。

 

<収入限度額早見表>

扶養している親族の状況 非課税相当収入限度額
単身又は扶養親族がいない場合 930,000円
配偶者・扶養親族(1名)を扶養している場合 1,378,000円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合 1,683,999円
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合 2,099,999円
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合 2,499,999円
障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合 2,043,999円

 

 

申請方法

1 住民税非課税世帯 

 

令和4年度住民税非課税世帯
  1. 確認書が届いた方

*世帯の全ての方が、令和3年12月10日以前から弘前市にお住いの場合*

① 対象と思われる世帯には、弘前市から「確認書」を7月27日から順次お送りいたします。

② 届いた「確認書」「留意事項」「誓約・同意事項」を確認し、受給対象となる場合は、「確認書」に必要事項を記載し、添付書類が必要な場合は添付書類のコピーをご準備のうえ、記載した「確認書」と添付書類のコピーを同封した返信用封筒に入れて返送してください。

 

【添付書類】 ※添付書類が必要かどうかは「確認書」にてご確認ください。

・世帯主の本人確認書類のコピー

 保険証、運転免許証、障害者手帳などのコピー

・受取口座を確認できる書類のコピー

 受取口座の銀行名、支店名、口座番号、口座名義人のカナが記載された通帳やキャッシュカードなどのコピー

 (金融機関によっては、複数のページにわたる場合があります)

※代理受給の場合は、上記のほかにも添付書類が必要になります。

※記載もれや添付書類もれがある場合、支給が遅くなりますので、返送の際に記載漏れや添付漏れがないかご確認ください。

 

<<ご留意ください>>

次にあてはまる場合は、この給付金の対象になりませんので、確認書を返送しないでください。

・住民税の申告がお済みでない方で、住民税均等割課税相当の収入がある方が世帯の中にいらっしゃる場合

・世帯の全員が、住民税が課税されているほかの親族等の扶養を受けている場合

・令和3年度以降に住民税非課税世帯等に係る給付金を受給した世帯の世帯主の方を含む場合

 


  1. 申請書が届いた方

*世帯の中に、令和3年12月11日以降に転入した方がいらっしゃる場合*

① 弘前市で対象であるかを判断できないため、「申請書」を7月27日から順次お送りいたします。(※郵便事情により、1週間程度かかる見込みです。)

② 届いた「申請書」「誓約・同意事項」を確認し、受給対象となる場合は、「申請書」に必要事項を記載し、添付書類のコピーをご準備のうえ、記載した「申請書」と添付書類のコピーを同封した返信用封筒に入れて返送してください。

③ 申請書の記載内容と添付書類をもって、対象世帯かどうかを認定します。

 

【添付書類】

・世帯主の本人確認書類のコピー

 保険証、運転免許証、障害者手帳などのコピー

・受取口座を確認できる書類のコピー

 受取口座の銀行名、支店名、口座番号、口座名義人のカナが記載された通帳やキャッシュカードなどのコピー

 (金融機関によっては、複数のページにわたる場合があります)

※記載もれや添付書類もれがある場合、支給が遅くなりますので、返送の際に記載漏れや添付漏れがないかご確認ください。

 

<<ご留意ください>>

次にあてはまる場合は、この給付金の対象になりませんので、申請書を返送しないでください。

・住民税の申告がお済みでない方で、住民税均等割課税相当の収入がある方が世帯の中にいらっしゃる場合

・世帯の全員が、住民税が課税されているほかの親族等の扶養を受けている場合

・令和3年度以降に住民税非課税世帯等に係る給付金を受給した世帯の世帯主の方を含む場合(弘前市以外の市区町村で受給した場合も含みます。)


令和3年度住民税非課税世帯

対象と思われる世帯には、弘前市から「確認書」を1月28日(金)にお送りいたしました。

確認書が届いているにも関わらず、まだ返送されていない世帯の方は市役所福祉総務課臨時特別給付金担当までご相談ください。

 

2 家計急変世帯 (令和4年6月1日から申請様式が変更となりました)

給付金を受け取るには、申請が必要です。

本人確認書類などの必要となる添付書類をお持ちになり、市役所窓口にてご相談ください。

≪ご注意≫新型コロナウイルス感染症の影響ではない収入減少により給付を申請した場合、不正受給(詐欺罪)に問われる場合があります。

        

申請書PDFファイル(183KB)
申請書記入例PDFファイル(912KB)
別紙PDFファイル(238KB)
別紙記入例PDFファイル(1075KB)

 

≪申請に必要な添付書類一覧≫

① 申請者の本人確認書類のコピー

運転免許証、健康保険証、障害者手帳等のコピー

② 受取口座を確認できる書類のコピー(A4サイズ)

受取口座の銀行名、支店名、口座番号、口座名義人のカナが記載された通帳や、キャッシュカードなどのコピー(金融機関によっては、複数のページにわたる場合があります)

③ 申立てを行う収入額が確認できる書類のコピー

給与明細書、年金振込通知書等の収入額がわかる書類、事業収入、不動産収入に係る経費がわかる書類のコピー

④ 「令和4年中の任意の1か月の収入」の状況が確認できる書類のコピー

  「任意の1か月の収入」・・・給与明細等

 

《申請期限》令和4年9月30日(金)

 

家計急変世帯対象の相談窓口について

市役所前川新館5階臨時特別給付金事務室内となります。

また、新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、相談窓口をご利用の際には、事前に予約くださるようお願いいたします。 

窓口の予約状況は、こちらからご確認いただけます。

 

      予約電話 0172-40-0460(平日8時30分から17時00分まで)

 

 

給付時期(目安) ※書類に不備がある場合は、振込まで時間を要することがあります

1住民税非課税世帯 

〇令和4年度・令和3年度住民税非課税世帯

返送受付後3週間以内に給付。

(原則毎週水曜日に振込み。水曜日が祝日の場合は、その週の金曜日となります。)

※振込通知書は送付しておりませんので、指定口座を記帳のうえご確認ください。

 

2家計急変世帯

申請後3週間以内に給付。

(原則毎週水曜日に振込み。水曜日が祝日の場合は、その週の金曜日となります。)

※支給決定通知書にて振込日をお知らせします。

 

 

その他

DV等からの避難者や虐待等による児童福祉法等の措置入所者で、現在の居住地(措置先)に住民票を移していない方で、独立した世帯とみなして所得要件を満たす場合やホームレス等でいずれの市町村の住民基本台帳にも記録されていない方で、基準日の翌日以降に弘前市において住民基本台帳に記録された場合には、申請・給付対象となりますので必要に応じてご相談ください。

 

 

ご注意

住民税非課税世帯等に対する臨時特例給付金の「振り込め詐欺」や「個人情報の搾取」にご注意ください。

自宅や職場などに都道府県・市区町村や国(の職員)をかたる不審な電話や郵便があった場合は、市役所や最寄りの警察署か警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

 

 

お問い合わせ

支給対象や申請手続きなどに関すること

弘前市役所福祉総務課 臨時特別給付金担当:0172-40-0460 (平日8:30~17:00)

 

※電話でのお問い合わせでは、給付該当かどうかの回答はしていませんのでご了承ください。

 

本給付金事業に関すること

内閣府コールセンター(フリーダイヤル):0120-526-145 (9:00~20:00※土日祝、12/29~1/3を除く)

 

【子育て世帯への臨時特別給付について】

【住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について】

 

原油価格・物価高騰に伴う臨時生活支援助成金について

概要

 令和4年度臨時特別給付金(住民税非課税世帯)の受給対象者に、高騰が続く電気料金など生活に係る費用を支援するため、1世帯あたり1万円を助成します。

 

助成方法

令和4年度臨時特別給付金(住民税非課税世帯)に上記助成金を上乗せして支給します。(口座振込)

※原則毎週水曜日に振込み。水曜日が祝日の場合は、その週の金曜日となります。

 

申請手続き方法

 令和4年度臨時特別給付金(住民税非課税世帯)の確認書または申請書を返送することで、手続き完了となります。

 

福祉灯油について(原油価格高騰に伴う臨時冬季生活支援助成金) 【受付は終了しました】

概要

 令和3年度臨時特別給付金(住民税非課税世帯)の受給対象者に、冬季間の暖房費などに要する費用の一部を臨時的に支援するいわゆる福祉灯油として、1世帯あたり1万円を助成します。

 

助成方法

令和3年度臨時特別給付金(住民税非課税世帯)に上記助成額を上乗せして支給します。(口座振込)

※原則毎週水曜日に振込み。水曜日が祝日の場合は、その週の金曜日となります。

 

申請手続き方法

令和3年度臨時特別給付金(住民税非課税世帯)の確認書を返送することで、手続き完了となります。

返送期限が令和4年4月28日(木)消印有効となっていますので、期限までに手続きくださいますようお願いいたします。

 

お問い合わせ

弘前市役所福祉総務課 :0172-40-7037 (平日8:30~17:00)

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る