弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > ロタウイルスワクチンの定期予防接種について
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > ロタウイルスワクチンの定期予防接種について

ここから本文です。

ロタウイルスワクチンの定期予防接種について

令和2年10月1日から、ロタウイルス感染症予防接種が定期予防接種(無料)になります。

 

ロタウイルス感染症とは

ロタウイルス感染症は急性胃腸炎の一つで、感染力が非常に強く、5歳頃までにほとんどの子どもが感染します。

感染すると、2~4日の潜伏期間(感染から発病までの期間)のあと、短時間での激しいおう吐と、白っぽい水のような下痢を繰り返すのが特徴的で、脱水症状が強い場合などは入院となることがあります。

ロタウイルスワクチンは、ロタウイルス胃腸炎の発症そのものを7~8割減らし、入院するような重症化をほとんど予防できるとされています。

 

対象者

令和2年8月1日以降に生まれたお子さま

【注意】7月31日以前に生まれたお子さまは接種日に関わらず、定期接種の対象になりません。

【注意】対象のお子さまでも、9月30日までの接種は、定期接種の対象になりません。

 

予防接種の受け方

ロタウイルスワクチンは経口接種(口から飲む)で、2種類あります。

原則として、最初に受けたワクチンと同じワクチンで規定回数の接種を完了します。

どちらのワクチンも生後6週から接種可能ですが、他のワクチンとの同時接種を考えて生後2か月からの接種を推奨します。

 

ワクチン名 ロタリックス(1価) ロタテック(5価)

接種時期

生後6週から24週

(推奨時期は生後2か月から)

生後6週から32週

(推奨時期は生後2か月から)

どちらのワクチンも、初回接種は生後14週6日までに行いましょう。
接種回数 2回(27日以上間隔をあける) 3回(27日以上間隔をあける)

 

接種に当たっての注意事項

・腸重積症の既往があることが明らかな方、先天性消化管障害を有する方(その治療が完了したものを除く)および重症複合免疫不全症の所見が認められる方は、予防接種を受けることができません。

・活動性胃腸疾患や下痢等の胃腸障害のある方は、接種する前に、医師とよく相談してください。

・「母親が妊娠中に免疫を抑制する薬の投与を受けたことがありますか」に該当する場合は、お子さまのワクチン接種が可能かどうか、投与を受けた医療機関にあらかじめお問合せください。

 

副反応および接種後の注意点について

 ワクチンの接種(特に初回接種)から、1~2週間くらいまでの間は、副反応としてまれに腸重積症をおこすことが報告されています。症状(突然はげしく泣く、機嫌が良かったり悪かったりを繰り返す、おう吐する、血便が出る、ぐったりして顔色が悪いなど)が1つでもみられた時は、速やかに医師の診察を受けてください。

問い合わせ先

担当 健康増進課 総務係

電話 0172-37-3750

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る