弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 當田流剣術
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 當田流剣術

ここから本文です。

當田流剣術

當田流剣術

【市指定無形文化財】

 

toudaryu

 

 
)


 

よみがな
とうだりゅうけんじゅつ
員数
 
文化財の概要
 
指定年月日
令和元年11月1日
所在地
弘前市大字千年4丁目
所有者・管理者
當田流剣術保存会

 

 

 

   當田流剣術は、藩政時代より弘前藩の武家を中心に継承されてきた剣術流派である。太刀、小太刀、棒、鎌、槍などを用いる総合的な体術であった。棒術は八戸や秋田にも伝えられたが、八戸は継承が途絶え、秋田は芸能の一部として継承されている。

 現在の當田流剣術は、太刀と小太刀の技が継承され、巻物の目録に従い、「表」五本、「裏」五本、「中極」十本が完全に伝わっている。

 源流となる中条流が得意とした小太刀は、当流派でも多様な技が残っており、「流水の如し」と評される、静かに相手に近づき、一瞬で仕掛ける技は、近代剣道とは異質な体術であることを顕著に示している。

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る