弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 普門院本堂
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 普門院本堂

ここから本文です。

普門院本堂

普門院本堂

【市指定有形文化財】

 

fumonin

 

)

 

 

 

よみがな
ふもんいんほんどう
員数
1棟
文化財の概要
建  築  年 代  安永4年(1775)以前
作者及び銘文  宮殿棟札 文久元年三月吉日
規          格  桁行5間(10.085m)、梁間3間(6.625m)、
        向拝1間
構造及び形式  桁行5間、梁間3間、向拝1間、宝蔵造、寄棟造、
        鉄板葺(当初茅葺)
指定年月日
令和3年5月25日
所在地
弘前市大字西茂森2丁目
所有者・管理者
宗教法人普門院

 

 

   観音山普門院は、弘前城築城に伴い、それまで茂森山にあった観音堂を現在地

  に移したとされる。享保3年(1718)に本堂を焼失したとされ、現在の建物につ

  いては、安永4年(1775)の「弘前都図」(弘前市立博物館蔵)に「観音祠」と

  記載されているのが初見である。

   本堂は須弥壇を置く正堂(宝形造)と、増築された礼堂(寄棟造)からなり、

  異なる形式の建物が合わさり一つの本堂を形成しているという特徴を持つ。

   礼堂には文政年間以降の参拝記念の墨書が複数残されていることから、一般大

  衆の礼拝が可能となり参拝者が増加したことなどに伴い、増築を行い現在の特徴

  的な本堂の形式に至ったと考えられる。

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る