弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 絹本墨画淡彩返魂香之図 附箱・游魂図説
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 絹本墨画淡彩返魂香之図 附箱・游魂図説

ここから本文です。

絹本墨画淡彩返魂香之図 附箱・游魂図説

絹本墨画淡彩返魂香之図

【市指定有形文化財】

 

hangonkou        

 

 
)

 

よみがな
けんぽんぼくがたんさい はんごんこうのず 
つけたり はこ・ゆうこんずせつ
員数
1 幅
文化財の概要
制作年代 天明元年(1781)年頃  99.3×27.0cm
指定年月日
令和3年5月25日
所在地
弘前市大字坂元字山元
所有者・管理者
宗教法人久渡寺

 

     円山応挙(1733~1795)は、江戸時代中期に京都で活躍した画家で、

    我が国における写生画の先駆者として高く評価されており、また、足のな

    い幽霊画の創出者として一般に知名度が高い。

     この「返魂香之図」は天明4年(1784)に弘前藩家老を務めた、森岡主

    膳から久渡寺へ寄進されたものであるが、寄進者である主膳は安永9年、

    天明元年と相次いで正妻と妾を亡くしており、その一周忌ないしは三回忌

    に向けての回向を意図して、応挙から本図を入手したと考えられる。

     他の応挙真筆の作品と比べても画格、表現に遜色はなく、真筆と認めら

    れる。制作期も天明初年頃とほぼ特定でき、応挙の画業研究上、重要な作

    品である。また、森岡主膳による入手状況が箱書き等から想定でき、伝来

    の経緯が明らかであるなど弘前にかかわる歴史的経緯も明確である。

  久渡寺の寺宝として現在まで継承され、毎年旧暦5月18日に開帳されて

 いる。

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る