弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 庁舎案内 > 市の仕事と組織 > 環状列石
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 庁舎案内 > 市の仕事と組織 > 環状列石

ここから本文です。

環状列石

 環状列石[かんじょうれっせき]は、長径(南西-北東方向)48.5m、短径(南東-北西方向)39.1mで、やや不整な楕円形を呈します。環状列石に使われた石材は、岩木山より噴出した火山岩「輝石安山岩[きせきあんざんがん]」を主体としており、遺跡の両側を流れる大石川と大森川から運ばれたものです。環状列石に使われた石の総数は、約1,200個で、大きさは直径0.5~1.0mほどです。環状列石の円環は組石(10数個程度の石の集まり)77基で構成されており、直線状、円状、弧状などの6種類に分類することができます。

 環状列石の構築が始まった時期は、出土遺物から縄文時代晩期[ばんき]初め頃(約3,000年前)と想定されており、盛土層に伴う土器や周辺の遺構の時期から、晩期中頃(約2,800年前)にかけて構築されたようです。

 なお、組石の下や環状列石内部からは円盤状石製品[えんばんじょうせきせいひん]を除き、遺物がほとんど出土せず、組石の下からは土坑[どこう]などの痕跡も発見されていません。また、環状列石内からはお墓の跡は見つかっていないものの、環状列石周辺にはお墓と思われる跡が見つかっています。

 よって、当時は、環状列石自体は神聖な場所としてきれいに維持されながら、遺跡内で様々なおまつりを行っていたものと思われます。

真上から見た環状列石(2007年、写真下が北)

真上から見た環状列石(2007年、写真下が北)

環状列石と岩木山(2007年、北東から)

環状列石と岩木山(2007年、北東から)

集石状に配置された組石(2007年、南西から、1号組石)

集石状に配置された組石(2007年、南西から)

列状に配置された組石(2007年、南西から、72号組石)

列状に配置された組石(2007年、南西から)

放射状に配置された組石(2007年、南西から、2・3号組石)

放射状に配置された組石(2007年、南西から)

円盤状石製品

円盤状石製品

 

国指定史跡大森勝山遺跡と世界遺産に戻る
文化財課ホームページに戻る

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る