弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 庁舎案内 > 市の仕事と組織 > 集石遺構
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 庁舎案内 > 市の仕事と組織 > 集石遺構

ここから本文です。

集石遺構

 環状列石[かんじょうれっせき]の周辺では、小型の土器が出土した土坑[どこう]を伴う集石遺構[しゅうせきいこう](石が集められた跡)が見つかっています。使われた石は、人頭大の丸い石と一辺50cm 前後の扁平[へんぺい]で角ばった石を用いています。この石の下には穴があり、完全な形の小型の土器が1点出土しています。

 この土坑は、出土状況から墓穴として使用された可能性があります。なお、環状列石の組石の下からは、同じような穴は見つかっていません。

集石遺構(1961年、北東から)

集石遺構(1961年、北東から)

 

国指定史跡大森勝山遺跡と世界遺産に戻る
文化財課ホームページに戻る

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る