弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 都市交流 > 国際交流 > ひろさき国際交流ニュース
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 都市交流 > 国際交流 > ひろさき国際交流ニュース

ここから本文です。

ひろさき国際交流ニュース

~国際交流・協力に関する事業や民間団体の活動などを紹介します~

令和4年度民間国際活動団体助成事業 募集案内

公益財団法人青森県国際交流協会では、県内で国際交流・国際協力活動を行う民間団体が令和4年度に実施する事業に対し、助成金を交付します。

助成対象事業

次に掲げる事業で地域振興に資すると認められるもの

  1. 在住外国人の支援に関する事業
  2. 開発途上国の人々の生活向上などを目的とした国際協力に関する事業
  3. 国際友好親善及び国際理解を促進する事業
  4. その他協会が国際交流・国際協力活動として認める事業

採択基準

  1. 当協会の重点目標への貢献性
  2. 圏域ごとの各団体の連携拡大への貢献性
  3. 目標の明確性、戦略及び発展性
  4. 合理的な手法と予算

助成額

1団体への助成額は総事業費の2分の1(1千円未満は切り捨て)又は10万円のいずれか少ない額

助成対象経費

  1. 謝金・賃金
  2. 物品・資材購入費
  3. 借損料・役務費
  4. 事務管理費

スケジュール

募集期間:令和3年12月21日(火曜日)~令和4年1月31日(月曜日)※郵送の場合は17時必着。

選考委員会:令和4年2月中予定

交付内定:令和4年3月上旬予定

事業活動期間:令和4年4月1日(金曜日)~令和5年3月31日(金曜日)

その他

・募集案内及び交付要綱は協会ホームページ(https://www.kokusai-koryu.jp/subsidy/このリンクは別ウィンドウで開きます)からダウンロードできます。

・事前相談は随時受け付けます。

問い合わせ先

公益財団法人青森県国際交流協会

〒030-0803青森市安方1-1-40 青森県観光物産館アスパム7階

電話:017-735-2221

ファクス:017-735-2252

Eメール:info@kokusai-koryu.jp

提供/公益財団法人青森県国際交流協会

 

 

「第46回ちびっこ探検学校ヨロン島」参加者募集

公益財団法人国際青少年研修協会では、「第46回ちびっこ探検学校ヨロン島」(文部科学省後援)の参加者を募集しています。

沖縄に近い南の島「ヨロン島」のサンゴ礁の海と美しい自然の中で、全国から参加する仲間との民宿での共同生活や様々な野外活動を通して友達作りの楽しさを知り、お互いに協力し助け合い、積極的にチャレンジする心を養います。

今度の春休みは、思い出に残る楽しい体験をしに、暖かな南の島「ヨロン島」に行きませんか?

期間

令和4年3月27日(日曜日)~4月2日(土曜日) 6泊7日

場所

鹿児島県大島郡与論町

説明会

対面での説明会は東京のみです。

説明会場が遠い方、他の予定で参加できない方には、オンラインでの説明会または本協会から郵送にて説明資料をお送りします。

定員

日本人小学生90名、外国人小学生20名(小学校2年生~6年生:令和4年2月末)

応募締切

令和4年3月7日(月曜日)

参加費

新青森駅発 165,000円

※全国各地から参加でき、出発地により金額が異なります。

※参加費には、与論島までの往復交通費・団体行動中の交通費・宿泊費・食費・施設利用料・引率者費・保険・消費税・新型コロナ対策費などが含まれます。

その他

・本協会の新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインに沿って活動を行っています。

・申し込み方法など、詳細はホームページ(http://www.kskk.or.jp/このリンクは別ウィンドウで開きます)をご確認ください。

資料請求・申し込み・問い合わせ先

公益財団法人国際青少年研修協会

〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-23-2UBG東池袋6階

電話:03-6825-3130

ファクス:03-3981-2712

Eメール:info@kskk.or.jp

URL:http://www.kskk.or.jp

 

提供/公益財団法人国際青少年研修協会

 

弘前市中学生国際交流学習事業【活動報告】

弘前市教育委員会では、国際理解教育の一環として中学生をアジア圏の英語が公用語である国に派遣しています。

今年度実施した弘前市中学生国際交流学習事業についてご紹介します。

事業目的

国際理解教育の一環として中学生をアジア圏の英語が公用語である国に派遣し、英語漬け体験や現地学生との交流を通して、英語学習に関する意欲を高め、国際的視野と感覚を身に付けた将来地元弘前市のために役に立ちたいと考える人材を育成します。

実施時期

令和元年7月30日(火)~8月4日(日)

開催場所

シンガポール

参加人数

弘前市内在住中学生 12名

主な内容

  1. 企業訪問における弘前市のPR
  2. 現地の大学生と英語でコミュニケーションを取りながら自主見学を計画・実施
  3. ホームステイ

事業報告

 今年度も治安の良さとホームステイができること、またアジアの中で英語力が常に上位であることから、シンガポールで実施しました。市内中学生62名の応募者の中から選抜された12名が、2回の事前勉強会を経て、次の3つのプログラムを体験してきました。

 

 1つ目は、企業訪問における弘前市のPRです。日本旅行シンガポール支店を訪問し、派遣生徒たちは英語で弘前の魅力を紹介しました。「弘前城・弘前公園・さくら・ねぷた・りんご・岩木山・こぎん刺し・ブナコ・津軽塗」について、それぞれ自分の担当したPRを実物やポスター、リーフレット、写真を使いながら、堂々と発信できました。また、旅行会社のスタッフのみなさんから英語で質問を受けた場面では、自分たちの英語で一生懸命に伝えようとしていた姿に感心しました。スタッフのみなさんには、弘前の四季やお祭り、歴史、自然、伝統工芸、食の魅力が十分伝わったと思います。

 

 2つ目は、「ブラザー&シスタープログラム」という名称で、シンガポール国立大学の学生と一緒に町を巡り、各グループのテーマに基づいて、シンガポールの文化や歴史、産業などについて学ぶものです。英語を通して、それぞれの訪問先や交通手段、時間配分などを決める計画段階から、現地の学生と一緒に取り組みました。

 

 3つ目は、ホームステイです。初めは現地特有の英語(シングリッシュ)に戸惑いも感じましたが、段々と耳が慣れてきて聞き取ることができるようになり、自分たちの思いもじっくりと伝えることができました。また、生活様式の違いから、驚きとともに新しい発見もあり、短い時間の中にも充実感があったようです。

 

 派遣生徒たちは、外国の優れている部分を学びつつ、弘前を客観的に見つめることができたようです。今年度も、英語の必要性と、多様性を受け入れることの大切さに気付いた12名全員から、「将来は、弘前市のために役に立ちたい。」という頼もしく希望に満ちた声が聞かれました。

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

   

主催・連絡先

弘前市教育委員会 学校指導課

電話:0172-82-1644

提供:弘前市教育委員会 学校指導課

 

 

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る