弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > ごみの減量・リサイクル > スーパー等における食品ロス削減
現在の位置: 弘前市トップ > ごみの減量・リサイクル > スーパー等における食品ロス削減

ここから本文です。

スーパー等における食品ロス削減

スーパー等における食品ロスの削減に向けた取組

 「食品ロス」とは、本来食べられるにも関わらず捨てられてしまう食べ物のことです。
農林水産省によると、日本では令和2年度に年間約522万トンにも上る食品ロスが発生したといわれており、更にその半数以上にあたる275万トンは事業活動から排出される食品ロス(売れ残りや、規格外品、返品、食べ残しなど)と推計されています。

 

恵方巻の食品ロス削減に取り組む事業者の募集について(令和5年2月3日締切)

 近年、節分後の恵方巻きの廃棄が社会的な話題となったことから、農林水産省では、これまで食品小売業者の方々に対して恵方巻きの需要に見合った販売を呼びかけていました。こうした取り組みをさらに推進するため、農林水産省が以下のとおり募集を開始しましたので、ぜひ、積極的な応募をお願いいたします。

 

2023年も恵方巻きのロス削減に取り組む 事業者を募集します!(農林水産省HP)

 

令和4年度スーパー等における食品ロス削減啓発キャンペーン

 弘前市では、食品ロス発生の一因と思われる、スーパー等から発生する食品の売れ残り等を減らすため、市内スーパー等にご協力いただき、令和4年8月の間(店舗により掲載期間が異なる場合があります)店頭に「てまえどり※」などを周知する啓発資材を掲示していただいております。

 また、県や国でもコンビニエンスストアにおける「てまえどり」を推奨しておりますので、食品ロスを意識したお買い物にご協力をお願いいたします。

 

買ってすぐに食べる消費者が、商品棚の手前にある商品や値引き商品など、販売期限が短い商品を積極的に選ぶ新しい購買行動のことです。

 

青森県ホームページ「生ごみ減量・食品ロス削減に取り組みましょう」

環境省ホームページ「小売店舗で消費者に「てまえどり」を呼びかけます」

 

 

啓発資材(令和4年度実施版)

 

令和2年度(令和3年3月~4月)実施概要と結果

令和2年度スーパー等における食品ロス削減啓発キャンぺーンについてPDFファイル(794KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

 

ダウンロード

使用される際は以下お問い合わせ先にご連絡お願いします。

 

A3・A4版【手前から買うも立派な貢献】PDFファイル

A3・A4版【賞味期限はおいしく食べられる期限です】PDFファイル

A3・A4版【なくそう食品ロス!】PDFファイル

棚札入れ版【手前から買うも立派な貢献】PDFファイル

棚札入れ版【賞味期限はおいしく食べられる期限です】PDFファイル

棚札入れ版【なくそう食品ロス!】PDFファイル

問い合わせ先

担当 環境課 資源循環係

電話 0172-35-1130

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

ごみの減量・リサイクル

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る