弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(働く・産業) > 牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(働く・産業) > 牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について

ここから本文です。

牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について

農林水産省ではクロピラリドによる園芸作物等の生育障害の発生を防止するための試験研究等を行っており、その調査結果等が東北農政局や県を通じて、市に情報提供されているところです。

 

今回、この内容に一部改正がありました。

詳細は下記の青森県ホームページにてご確認ください。

「牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について」の一部改正についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

【畜産農家、堆肥製造業者の皆様へ】

「牛又は馬由来の堆肥にはクロピラリドが含まれている可能性があるため、使用に当たっては作物の種類や施用量等に留意する必要がある」ことを、取引先と情報共有してください。

※輸入飼料中のクロピラリド濃度は極低濃度のものが大部分を占めますが、小麦ふすま及び大麦ぬかについては、その濃度が高い傾向にあります。また、堆肥中のクロピラリド濃度は牛、馬、豚、鶏ともに検出されており、特に肥育牛由来の堆肥は濃度が高い傾向にあります。

 

【園芸農家、育苗業者の皆様へ】

クロピラリドによる被害を受けやすい作物に対しては、ポットによる育苗生産では施用を控え、施設栽培では投入量を減らしてください。

特に弱いもの:トマト、ミニトマト、大豆、えだまめ、さやえんどう、キク、ヒマワリ、コスモスなど

弱いもの:ナス、ピーマン、シシトウ、さやいんげん、しゅんぎく、フキ、にんじんなど

中程度のもの:ばれいしょ、たばこ、らっかせい、レタス類、ごぼう、みつば、きゅうり、メロン、スイカなど

問い合わせ先

担当 農業政策課

電話 0172-40-7102

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

働く・産業メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る