弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 農業・商工業・観光 > 林業情報 > 森林経営管理制度について
現在の位置: 弘前市トップ > 農業・商工業・観光 > 林業情報 > 森林経営管理制度について

ここから本文です。

森林経営管理制度について

注目情報

所有する山林の現状や今後の管理に関する意向について「意向調査」を実施します。

【対象者】

 弘前市内にスギなどの人工林を所有しているかた

【調査方法】

 対象者に調査票を郵送します。回答の上、同封の返信用封筒で返送ください。

【発送時期】

 令和元年10月から令和2年1月

【調査項目】

 1.所有者の確認について

 2.今までの管理状況について

 3.今後の管理予定について

【回答期限】

 調査票に記載されている日付までに回答してください。回答期間は概ね1か月間です。

【調査終了後】

 調査票の集計を行い、市への委託希望者を抽出します。その後、今後の経営管理に関する面談を行います。

当制度について

森林経営管理法が平成30年5月25日に可決・成立し、平成31年4月1日から森林経営管理制度(新たな森林管理システム)がスタートしました。

この制度は、手入れが行き届いていない森林について、市が仲介役となって森林の整備・管理を行うことにより、土砂災害の防止や、林業の成長産業化等を図るものです。

制度の流れ

森林経営管理制度

制度の概要

この制度により、森林所有者には適切な森林の経営管理をすることが求められます。

市はスギ等の人工林を所有しているかたに対し、今後の経営や管理についての意向調査を行います。

その中で、所有者自らが森林の経営や管理を行うことが難しく、市で経営や管理が必要と判断したものについては、市が森林の経営管理の権利を預かります(委託を受けます)。

林業経営に適した森林は、市が仲介役となり意欲と能力のある林業経営者に再委託します。再委託できない森林や再委託に至るまでの森林は、市が管理を行います。

制度の進め方

・森林所有者へ経営管理に対する意向調査を行います。

・意向調査の結果を踏まえ、市が森林所有者から経営管理の委託を受けます。

・市で委託箇所の管理を行いつつ、林業経営者に経営管理を再委託します。

森林経営管理制度の説明について

森林経営管理制度の説明会ついて、令和元年7月から8月にかけて計10箇所で開催しました。

今後の制度説明については、農村整備課窓口又は弘前市出前講座で個別に実施します。

リンク:弘前市出前講座このリンクは別ウィンドウで開きます

関連リンク

森林経営管理制度(森林経営管理法)について:林野庁このリンクは別ウィンドウで開きます

問い合わせ先

担当 農村整備課 林務係

電話 0172-40-2015

ファクス 0172-32-3432

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

農業・商工業・観光メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る