弘前市
現在の位置:相馬地区トップ > 活動通信 > JA相馬村直売所 林檎の森体験しました!(石田)

JA相馬村直売所 林檎の森体験しました!(石田)

初めまして!4月10日より協力隊として活動をしております石田有希子です。気軽にゆっこと呼んで下さい!相馬の五所地域にて夫と娘二人と新生活をスタートしております。

 

保育園に行きたくないとグズる次女。その気持ちを紛らわす為に、お散歩と称して長女の通う小学校まで一緒に歩いております。その散歩道に少しずつ春の訪れを発見!ニョキニョキと伸びてきたふきのとう、鮮やかな黄色が美しい福寿草、集団で仲良く生えているつくしんぼ。そして今日は3分咲きの梅の花を発見しました。

♪うめの~おはながさいてます~ちれい(キレイ)だよ~♪と次女が歌うオリジナルソングを聞きながらこの田舎風景にフッと肩の力が抜けて、とても清々しい気持ちになりました。今日はどんな出会いがあるんだろう♪わくわくです!

(注意!次女の通う保育園は先生方いつも笑顔で優しく接して下さる素晴らしい保育園です。あしからず。)

 

さて、先日2日間にわたりJA相馬村直売所“林檎の森”さんにお邪魔し、店員さん体験を致しました。よく「相馬の道の駅」と言われておりますが、道の駅とは一般的に各自治体と道路管理者が連携して作り国土交通省により登録された施設のことを言うそうで、“林檎の森”さんはJAの直売所ですので道の駅とは少し違います。

この直売所を作ったきっかけというのがまた素晴らしいんです!「農家に嫁いできた女性が自分のお小遣いを稼げるように、野菜や青果・惣菜などを持って来て売れる場所を作りたかった」とJA相馬村理事の田澤俊則さんが仰っていました。ワーキングマザーも専業主婦も、周囲の男性が自分の立場や気持ちを理解してくれたら…と思うことってありますよね。でもこの建物は平成6年に建設されたと聞いて驚き!ここではそんなにも前から地域を挙げて、女性の居場所を考えてくれているんだなぁと感動しました。お嫁さんが自分で好きに使えるお金、少しでもあると全然気持ちが違いますもんね!

 

さてさて少し話を戻します、店員さん体験。お客さんとして野菜など買いに行っておりましたが店員さんになるとまた視点が違って面白いです!

 

袋詰めしたトマトの品出し。「いらっしゃいませ~」の声は忘れずに!

自分が詰めたお野菜が売れていくと嬉しいです。これが自分で作った農産物やお惣菜なら喜びもまたひとしおだろうな…と生産者の方々に思いを馳せます。

 

先輩隊員のあかりさんも一緒に行ってくれました!

 

リンゴの品揃えがすごい!さすが相馬!

 

こんな商品も。…覆面レスラーでしょうか?かわいい。

 

見慣れない作物には調理法の紹介も。今の季節ならではの商品ですね!山わさび、気になります。

 

この根は土に植えるとミョウガが出来るそうです。お庭で薬味を調達できるなんて素敵!

 

おこわ、おやき、お惣菜など、おやつにも夕飯の一品にも出来そうなものが並びます。お昼ご飯に購入しましたがどれも美味しい!

 

冷蔵コーナーに私が大ファンの芽女倶楽部さんの手作り味噌があります!私はお味噌汁に使っていますが、すごくホッとする良い味わいになります。おすすめ商品です。

 

この他にも、レジで買えるソフトクリーム(ラフランス・バニラ・いちご)やシェークもとても美味しいのでこれからの季節におすすめです!

 

相馬に暮らす方々の想いがギュッと詰まった“林檎の森”このリンクは別ウィンドウで開きますに是非お出掛け下さい!

 

ゆっこ

上部へ 前へ戻る