弘前市
現在の位置:相馬地区トップ > 活動通信 > 地域おこし協力隊『活動報告会』が開催されました

地域おこし協力隊『活動報告会』が開催されました

みなさんこんにちは!協力隊の佐野です。

 

早いものでもう4月ですね。新年度が始まりました。

昨年は平成から令和に元号が変わるという大きな年でもあり、私にとっては30年ぶりのUターン、

こちらも個人的には大きな出来事でした。

 

今回は『活動報告会』の模様をお知らせしたいと思います。

報告会では、2期生2名と3期生2名の計4名が、日頃の活動について報告をさせていただきました。

隊員歴の若い順にまずは3期生の報告。

トップバッターは私でしたが、緊張感にオタオタしながらの報告でした(笑)。

改めてたくさんの人の前でお話するのは不得意だったんだなと痛感(汗)。

今後様々な発表の場で経験を積み卒業時までにはもう少し発表がスムーズにできたらいいな、

と思いました。

続いての石田隊員、とても落ち着いて発表をされていたように私には見えました。

聞き取りやすい美声も羨ましい!

3期生2名はこの一年とにかく顔を覚えてもらおう!というのが目標でもありましたが、

この日の資料を作成しながらも様々な行事に関わらせていただくことができていたんだな、

と改めて感じました♪

 

その後の2期生の報告へ。

まずは北野隊員。2019年度の報告でしたが、黒一点堂々としていてポタリングやスキーに纏わる

スポーツ振興への熱い思いの伝わる内容でした!

グラフを使った資料など見るだけで伝わる資料作りも大切だな、と学ばせてもらいました。

そして鹿内隊員へバトンタッチ。

これまでの三年間についての報告でしたが、本当に多くの地域の方々の愛情に包まれながらの

活動をされていたんだなぁ、と実感!

私の娘くらい歳は離れているのですが、本当にしっかりとしていて資料のまとめ方なども見習う事がたくさんでした。(資料作成ソフト『パワーポイント』における効果的なアニメーションの使い方を教えてくれてありがとう!)

会場内には、これまでの広報誌『林檎の森』や石田隊員の『石田レター』の掲示もしたのですが、

休憩中にご覧いただけてとても嬉しかったです。

私個人としては、掲示物や資料の作成、発表の仕方など、今回は改善点もたくさんあったので、

この経験を次に繋げていきたいと思いました。

 

最後になりますが、この日の会場内には、約40名もの相馬地区の皆様にお越しいただきました!

お忙しい中お時間を割いていらしていただけました事をこの場をお借りし御礼申し上げます。

 

~鹿内隊員を囲んでの慰労会~

笑いあり、涙ありのとってもハートフルな慰労会でした。

 

これからも引き続き、協力隊メンバー一同どうぞよろしくお願い致します!

上部へ 前へ戻る