現在の位置: ホーム > 農業・商工業・観光 > 農業情報 > 農作業安全について
現在の位置: ホーム > 農業・商工業・観光 > 農業情報 > 農作業安全について

ここから本文です。

農作業安全について

 青森県内では、毎年約10人の方が農作業事故により亡くなっています。

 このうち、約8割は65歳以上の高齢者となっています。

 農作業事故を未然に防ぐため、以下の点に気を付けて作業しましょう。

 

農作業安全のポイント

①慣れた作業でも油断せず、安全を確認して行いましょう。

②必ず、作業の合間に十分な休憩を取りましょう。

③自分は「大丈夫」と過信せず、無理のない作業を行いましょう。

④1人での作業は避け、やむを得ず1人で行う場合は、家族に作業時間と帰宅時間を伝え、携帯電話を持ち歩きましょう。

⑤家族や周りの人など、地域全体で注意を呼び掛け合いましょう。

 

農作業中の熱中症対策について

netsuyobou01netsuyobou02

(パンフレットデータはこちらPDFファイル(581KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

農作業中の熱中症により、毎年約30名の方が死亡しています。

猛暑日が続く真夏だけではなく、暑さに慣れていない初夏における高温日梅雨明けで暑さが本格化する時期災害からの復旧作業時などにもリスクが高まりますので、以下のポイントに気を付けて、熱中症を予防しましょう。

 

熱中症予防のポイント

〇暑さを避ける

→高温時の作業は極力避け、日陰や風通しのよい場所で作業

〇こまめな休憩と水分補給

→喉の渇きを感じる前に、こまめに水分・塩分を補給

〇単独作業は避ける

→複数名で作業を行う、時間を決めて連絡を取り合う

〇熱中症対策アイテムの活用

→帽子や吸湿速乾性の衣服の着用、空調服や送風機の活用

 

熱中症が疑われる場合には

〇手足のしびれ・めまい・吐き気・頭痛、汗をかかない、まっすぐ歩けないなどの症状がある場合、すぐに作業を中止しましょう。

〇熱中症の可能性を感じた場合、涼しい場所に避難し、衣服を緩めて、首筋や脇の下・足の付け根を冷やす応急処置をしましょう

応急処置で症状が改善しない場合、躊躇することなく医療機関での診察を受けましょう

 

熱中症関係情報

・熱中症の危険性が極めて高くなると予測される地域に発令される「熱中症警戒アラート」の情報は、テレビ等の天気予報、環境省や気象庁のウェブサイト、農林水産省が提供するMAFFアプリ(下記の農林水産省 熱中症関係情報集参照)等で入手することができます。

・熱中症に関係する詳細情報については、以下のデータ等をご確認ください。

 農林水産省 熱中症関係情報集PDFファイル(2077KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 熱中症対策について(農林水産省HP)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

農作業安全運動について


秋の農作業安全運動

現在、青森県では秋の農作業安全運動を実施しています。

収穫作業が本格化するこれからの季節は、農作業事故が多く発生しますので、より一層の注意・取組をお願いします。

 

青森県の農作業安全に関するホームページはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

農耕トラクタの公道走行について

 作業機付きトラクターで公道を走行する場合、灯火器類等の設置など、保安基準を満たす必要があります。

 農業機械の公道における事故では、後ろから追突を受けるものが最も多く発生しており、灯火器類等を設置することで追突事故の防止が期待されます。

 詳細については下記のデータをご覧ください。

 

 トラクターの公道走行ガイドブックPDFファイル(483KB)

 

農耕トラクタの特殊車両通行許可手続等について

一定の寸法や重量を超えるトラクターで公道を走行するためには、道路管理者による特殊車両通行許可が必要となります。

詳細については下記の国土交通省のホームページ等をご覧ください。

 

農耕トラクタの特殊車両通行許可申請についてこのリンクは別ウィンドウで開きます(国土交通省HP)

 

農耕トラクタの特殊車両通行許可のエリア一括申請についてPDFファイル(72KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

問い合わせ先

担当 農政課 農産係

電話 0172-40-0504

ファクス 0172-32-3432

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

農業・商工業・観光メニュー

ページ最上段に戻る