弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 高岡の森弘前藩歴史館 > 高岡の森弘前藩歴史館 概要
現在の位置: 弘前市トップ > 高岡の森弘前藩歴史館 > 高岡の森弘前藩歴史館 概要

ここから本文です。

高岡の森弘前藩歴史館 概要

設置の目的

弘前藩4代藩主津軽信政を祭る高照神社には、信政の遺品や歴代藩主が奉納した絵馬、明治時代に旧藩士たちが納めた武具や刀剣類など、数多くの宝物が収蔵されていましたが、その宝物を収蔵公開していた「高照神社宝物殿」が老朽化したため、弘前の歴史や文化を伝える貴重な文化財を恒久的に保存し、展示活用することを目的に高岡の森弘前藩歴史館が計画されました。

施設整備事業について

平成22年度より調査事業を開始し、平成26年度用地取得、平成27年度現地建設着工、平成29年12月建築工事が竣工し、外構工事及び展示工事は平成30年2月に竣工しました。

施設の名称について

施設名称は平成29年7月に公募し、8月に審査を経て「高岡の森弘前藩歴史館」と決定しました。

展示のコンセプト

館内には高照神社に収蔵されていた資料など約5,200 点が保管されており、これらを順次展示していくほか、弘前城と高照神社、岩木山などの位置関係がわかる地形模型や、津軽信政が葬送される様子を描いた絵巻を見ることのできるタッチパネルなども設置し、弘前藩の成り立ちや津軽家の歴史、地域文化について理解を深めることができます。

施設の概要

高岡の森弘前藩歴史館

 

  歴史館外観

 

開館日 :平成30年4月1日
建築工事 :平成27年12月着工、平成29年12月竣工
展示工事 :平成28年6月着工、平成30年2月竣工 
施設構造 :鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造 2階建て
建築面積 1,700.70 平方メートル
延床面積 1,636.56 平方メートル
展示面積 424.00 平方メートル
収蔵面積 521.80 平方メートル
収蔵資料 :約5,200点(平成30年4月現在)

 

  ※平成30年4月1日オープンの様子
  歴史館開館の様子

 

馬場跡(高照神社馬場跡)

江戸時代に神馬(しんめ)奉納が行われた馬場で、土塁などを復元しました。境内の建造物とともに当時の雰囲気を体感ください。(拝殿に向かって右手側の奥にあります。)

馬場の広さは、東西約156メートル、南北約15.6メートルです。

 

 

馬場跡(東側から)

(東側から)

 

馬場跡(西側から)

(西側から)

 

 

 

 

 

馬場跡(あずまや)

 

馬場跡(説明板)

 

(あずまや)

散策の休憩など、ご自由にどうぞ。

 

(説明板)

拡大はこちら(631KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

馬場跡の利用について

一般の方に貸し出しを行っております。ご利用希望の方はお申込みください。

詳しい貸し出し方法は利用案内をご覧ください。

利用案内

問い合わせ先

担当 高岡の森弘前藩歴史館

電話 0172-83-3110

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

高岡の森弘前藩歴史館

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る